スポンサーリンク

フォーサイト社労士講座のバリューセットでおすすめのコースはどれ?

スポンサーリンク
フォーサイト社労士講座のおすすめコース 社労士
スポンサーリンク

フォーサイト社労士講座は3つのバリューセットがあります。
このうちおすすめのコースとそれぞれのバリューセットの違いを簡潔に書いてます。

結論は

  • あまり勉強時間が取れない➡バリューセット1
  • 教育訓練給付制度を利用する➡バリューセット2
  • 教育訓練給付制度を利用しない、eラーニングを活用したい➡バリューセット3

です。

\1月31日まで最大61,800円引き/
スポンサーリンク

フォーサイト社労士講座のバリューセット1と2と3の違い

バリューセット1は基礎講義と過去問講義のみです。
他は副教材が付きますが選ぶ際は気にしなくてOKです。

バリューセット2にはバリューセット1に直前対策講義が付きます。
そして、無料質問回数も10回から15回に増えます。

バリューセット3はバリューセット2に過去問 一問一答演習が付きます。
➡過去問 一問一答演習について詳しくはこちら

さらに、全額返金保証制度が付きます。
しかし、教育訓練給付制度は対象外になります。

なぜフォーサイトでバリューセット1はおすすめじゃないのか

バリューセット1をおすすめしない理由は直前対策講義が付かないからです。

直前対策講義の内訳は

  • 法改正対策編
  • 横断まとめ編
  • 択一対策編
  • 選択対策編
  • 白書・統計対策編

になります。
このうち法改正対策編、白書・統計対策編と横断まとめ編が重要になります。
詳しく解説します。

法改正に対応できないから

直前対策講義には法改正対策編、白書・統計対策編というのがあります。

社労士試験科目は法律科目のため毎年のように法改正が行われます。
統計データも最新のものが出題されます。
もし、この法改正対策編と白書・統計対策編がないと自分で調べる必要があります。参考

横断まとめ編があると効率よく復習できるから

横断まとめ編というのは科目を横断して知識を整理することができます。
横断まとめのおかげ合格できたという合格者の声があります。

今回はこれまで越えられなかった「あと一歩の壁」をブレークスルーするため、フォーサイトの直前対策講座「横断まとめ編」を新たに活用しました。
これまでの受験でも、ボーダーラインまでは到達していましたが、合格ラインに達するため、自分に不足しているものが何かを分析したところ、科目ごとの類似事項の知識が十分整理されていないことでした。
個別の科目について勉強し、問題を解いている時は記憶しているつもりでも、全科目を通してみると、その記憶はあいまいで、横断整理が必要なことが分かりました。
横断整理を個人でやろうとすると非常に時間がかかりますが、この講座はコンパクトにまとまっています。
「横断まとめ編」を直前期に総まとめとして、3回通して学習したことにより、科目ごとに混乱し、あいまいだった知識が整理されました。
➡フォーサイトの講座で社労士の横断まとめをして受かった(引用)

社労士試験には同じようで違う、少しだけ違うような論点がたくさんあります。
確実に理解して覚えるためには科目を横断して比較して覚えるほうが効率がいいのです。

演習量が少なくなる

直前対策講義がないと演習量が少ないからです。

フォーサイトはもともとインプットを短時間で済ましてアウトプット演習で合格点を獲得する方針です。
インプットを短時間で済ませるというのは基礎講義の講義時間の短さが物語ってます。

しかし、バリューセット1だと直前対策講義が付きません。
そのため、アウトプット演習をする場合は市販の教材を買い足す必要があります。
市販の教材だとフォーサイトのテキストとの互換性が悪いのは容易に想像できるはずです。
やはり、インプットもアウトプットもフォーサイトで統一したほうが安心感があるでしょう。

フォーサイトのバリューセット1と2で合格率が高いのはどっち?

教育訓練給付制度への提出資料によれば合格率はバリューセット1よりバリューセット2のほうが高いです。

バリューセット1の合格率20.2%
➡バリューセット1の合格率

バリューセット2の合格率24.6%
➡バリューセット2の合格率

バリューセット3は教育訓練給付制度の対象外のため合格率は算出されていません。

社労士試験であえてバリューセット1を選ぶ理由

バリューセット1はあまりおすすめしないことを述べました。

しかし、社労士試験は非常に学習時間が必要です。
そのため、あまり勉強できない、消化不良になりそうというかたはあえてバリューセット1を選んでもいいでしょう。

フォーサイトの社労士講座の勉強時間は最低500時間必要です。

フォーサイトのカリキュラムでは、最低500時間以上の学習を合格の目安にしています。
➡社労士試験に必要な勉強時間と効率のポイント(引用)

そのため、500時間しか勉強時間が取れないという方はバリューセット1を選択してもいいでしょう。

フォーサイトのバリューセット2と3の大きな違いは過去問 一問一答演習と価格

バリューセット3は過去問 一問一答演習と全額返金保証制度が付く代わりに、教育訓練給付制度対象外です。

全額返金保証制度は条件が難しくなかなか適用されないことを予想されるため、
実質的に比較の基準になるのは過去問 一問一答演習と価格(教育訓練給付制度)です。

過去問 一問一答演習の評判は非常にいいです。
過去問 一問一答演習はスマホで過去問演習できるeラーニングです。
➡過去問 一問一答演習について詳しくはこちら

社労士試験は選択式の試験のためスマホ学習がかなり効率よくできます。
例えばベッドの中や通勤時間、家事の合間などスキマ時間にスマホで学習できます。

しかし、過去問 一問一答演習が付くバリューセット3は教育訓練給付制度対象外です。
もし、教育訓練給付制度を利用すると価格差は3万円以上になります。

バリューセット2 バリューセット3 価格差
通常価格 110,800円 121,800円 11,000円
教育訓練給付制度利用 88,640円 対象外(121,800円) 33,160円

 

果たして過去問 一問一答演習に3万円の価値があるか疑問です。
ですので、教育訓練給付制度を利用するならバリューセット2を通常の価格ならバリューセット3を選びましょう。

フォーサイト社労士講座のおすすめコースのまとめ

  • あまり勉強時間が取れない、消化不良を起こしそうなら➡バリューセット1
  • 教育訓練給付制度を利用するなら➡バリューセット2
  • 教育訓練給付制度を利用しない、eラーニングを最大限活用したい➡バリューセット3

合格率が高いのはバリューセット1より2

バリューセット3につく過去問 一問一答演習は評判がよく、スマホで寝転びながらでも勉強できます。

\1月31日まで最大61,800円引き/

フォーサイトの体験談を書いていただいた方にアマギフプレゼントします。

フォーサイトで社労士講座を受講されたかたに私からアマギフ1000円分をプレゼントします。

詳しくは以下の記事をご覧ください。

\1月31日まで最大61,800円引き/
社労士
スポンサーリンク
スポンサーリンク
人食いチワワをフォローする
スポンサーリンク
幸福は義務なんです
タイトルとURLをコピーしました