社労士通信講座のおすすめと比較を真摯に解説

おすすめの社労士通信講座の比較 社労士

社労士の通信講座をお探しのかたに向けて、私のおすすめの通信講座を比較して紹介していきます。

正直に悪いところもはっきりと書いてます。

社労士のおすすめの通信講座を比較してみた

価格 講義時間 質問サポート 特徴
フォーサイト 78.800円~ 97~115時間 10回まで無料、以降1回につき500円 圧倒的合格率、要点を絞ったテキスト、講義時間が短い
アガルート 98.000円~ 145~204時間 Facebookで無制限に質問 網羅的な学習、合格したら全額返金、カウンセリングコースもある、合格率が高い
スタディング 59.800円~ 129~143時間 質問制度なし スマホでスキマ時間に学習できる、質問できない
クレアール 81.770円~ 189~476時間 無制限 様々なコースがある、実は講義時間は長い、サポートは賛否両論

※コースによって価格、講義時間などは異なります。

比較表を作ってもよく分かりませんよね。

ですので、社労士の通信講座の簡単な選び方を教えます。

社労士通信講座の選び方

初学者➡フォーサイト

経験者向け➡アガルート

安い講座がいい➡スタディング

マイペースで学習したい➡クレアール

です。詳しく見ていきましょう

フォーサイト社労士通信講座

フォーサイトの社労士通信講座のざっくりした特徴は

  • フルカラーでイラスト、図解が豊富なテキスト
  • 合格率が高く全国平均の3.73倍
  • スマホでスキマ時間に学習できる
  • 合格に必要な範囲に絞った学習
  • 無料質問回数には制限あり
  • 時期により割引あり
  • 不合格時の全額返金保証制度あり

フォーサイト社労士通信講座の「合格点主義」

フォーサイトの特徴は何といっても「合格点主義」です。

合格に必要な範囲だけに絞ることで効率的に勉強することができます。

講師の勘や経験則ではなく、システムを使い、過去問を徹底的にデータベース化してます。

そのため、合格に必要な重要論点だけを学習することができ、短期間で合格できます。

後述するアガルートは網羅的なテキストが特徴です。

ですので、経験者はフォーサイトよりもアガルートがおすすめです。

フォーサイト社労士通信講座は合格率を追究してる

フォーサイトと他社の大きな違いは合格率を探求してることです。

大手専門学校は合格人数をアピールしてますが、それは学校のスケールが大きいから人数が多いのは当然です。

フォーサイトは合格率を毎年公表してます。

講師は合格率とアンケートで報酬が決まるため、合格率は高いです。

フォーサイト社労士通信講座は不合格時全額返金保証

フォーサイトのバリューセット3を受講しても不合格だったら全額返金制度があります。

安心して学習することができ、初学者向きと言えるでしょう。

しかし、返金には様々な条件があります。

たとえば学力テストで上位13%に入らないといけないです。

ですので、実際に条件を満たすのは相当頑張らないと難しいでしょう。

逆に言えば、学習のモチベーションは高まるでしょう。

アガルートの社労士通信講座

アガルートの社労士通信講座のざっくりした特徴は

  • フルカラーかつイラスト、図解が豊富なテキスト
  • 合格率が高く全国平均の4.5倍
  • Facebookで講師に質問可能
  • 網羅的な学習
  • オプションでカウンセリングコースあり
  • 合格すれば講座費用全額返金または合格お祝い金3万円
  • どちらかと言えば経験者向け

アガルート社労士通信講座は合格したら講座費用全額返金

アガルート社労士通信講座で合格した場合3万円のお祝い金または支払金額を全額返金を選べます。

フォーサイトと違って特に難しい条件はなく、3万円は合格体験記の提出、全額返金は合格体験記の提出+インタビューの出演になります。

ですので、顔出しが嫌ではない限り条件を満たすのは容易でしょう。

合格全額返金制度によるインセンティブにより、高いモチベーションを保てるでしょう。

➡アガルート合格特典の詳細

アガルート社労士通信講座は合格率が高い

アガルート社労士通信講座の合格率は全国平均の4.5倍と非常に高いです。

同じく合格率の高いフォーサイトが3.73倍であることを考慮すると、どれだけ凄いことか、おわかりでしょう。

しかし、この合格率の算出方法に関しては多少疑問が残ります。

アガルートの合格率は受講生のアンケートによって集計されてます。

前述のとおり合格特典が豪華ですので、特典目当てで合格者の多くがアンケートを提出してる可能性があります。

逆に不合格だったり、途中でリタイアした人はアンケートを提出してない可能性があります

ですが、このことを考慮しても、4.5倍の合格率は高いと思います。

アガルート社労士通信講座の網羅的なテキスト

アガルートはフォーサイトと違い網羅的なテキストで学習します。

令和元年度試験の出題カバー率は90%を超えます。

これは逆に言えば初学者のかたや短期合格をしたいかたには消化不良を起こす可能性があるでしょう。

初学者のかたはフォーサイトをおすすめします。

アガルートは合格特典が豪華+網羅的なテキストであることもあり学習経験者向けだと思います

しかし、初学者のかたがアガルートで勉強したい場合は定期カウンセリングコースを頼むのもいいでしょう。

スタディングの社労士通信講座

スタディングの社労士通信講座の特徴は

  • 59.800円と通信講座の中でも格安
  • テキストはフルカラーだが冊子のテキストはなくデジタルオンリー
  • 1回の講義が15分ほどなのでスキマ時間に学習できる
  • 質問はできない
  • スマホで勉強を完結できる

スタディング社労士通信講座はすべてスマホで完結だからスキマ時間を最大限利用できる

スタディングはテキスト、講義動画、問題集などすべてがスマホ、パソコン、タブレットで完結します。

そのため、通勤時間やお昼休憩などちょっとしたスキマ時間を最大限活用できます。

簿記などの記述が必要な試験はスマホの学習は多少適してませんが、

社労士試験はすべてマークシート方式なので、スマホ学習がしやすいです。

スタディング社労士通信講座は残念ながら質問ができない

スタディングは残念ながら質問できません。

その分、価格は安いのですが、質問できないのは大きなデメリットでしょう。

今後オプションでかまわないので、質問サービスを追加してほしいです。

スタディング社労士通信講座は圧倒的低価格

スタディングは非常に安いです。

安い理由はオンラインのため教室代などのお金がかからないためです。

安いので講義の質が悪いと思われるかもしれませんが、講義やテキスト、システム面では大きく費用をかけてるそうです。

実際、スライドを用いた講義はお金がかかってます。

クレアールの社労士通信講座

クレアールの社労士通信講座の特徴は

  • 様々なコースがあり、公式ページが分かりにくい
  • 実は講義時間が長い
  • 質問の回数は無制限だが返答は早かったり、遅かったり、返ってこなかったり
  • 赤黒の二色刷りで図解、イラストが少なめのテキスト
  • セーフティコースというクレアール独自のサービスがある

クレアール社労士講座は質問無制限だが評判は賛否両論

クレアールは質問無制限です。

しかし、Twitterの情報を見てみると、返答が遅かったり、音信不通のこともあるそうです。

逆にすごく丁寧な回答が返ってくることもあるみたいです。

質問する時期、内容によって、よかったり、悪かったりするでしょう。

クレアール社労士通信講座はセーフティコースという独自のシステムがある

クレアールセーフティコースというのは長期間学習したい人に向いてるコースです。

これは受験料をクレアールが負担してくれるのと、未受講分の学費を返金してくれる制度です。

つまり2年コースで1年目に合格した場合未受講の1年分の学費を返金してくれます。

これによりマイペースに学習した人に向いてるでしょう。

クレアール社労士通信講座は実は講義時間が他社より長い

クレアールは合格に必要な学習と謳ってますが、実は講義時間は他社より長いです。

一番シンプルなコースの「一発ストレート合格パーフェクトコース」も講義時間は189時間で、アガルートと同じくらいです。

2年コースのセーフティコースは397時間と非常に長いです。

おそらく、セーフティコースは1年目と2年目の講義内容は同じで重複があると思いますが…

もし、ポイントを絞った学習をしたい場合フォーサイトをおすすめします。

なお、クレアール社労士講座のウェブページは非常に分かりにくいので、資料請求をおすすめします。

➡クレアールの資料請求はこちら

社労士通信講座の比較のまとめ

どの講座も一長一短です。

私が今から学習するならフォーサイトです。

範囲を絞った学習ができ、比較的楽に合格できると思ったからです。

しかし、好みは人それぞれなので簡単な選び方を再度掲載しておきます。

社労士通信講座の選び方

初学者➡フォーサイト

経験者向け➡アガルート

安い講座がいい➡スタディング

マイペースで学習したい➡クレアール

タイトルとURLをコピーしました